日本CSR普及協会トップ
ご挨拶
日本CSR普及協会設立にあたって
CSR活動のキーワード
主な活動内容
活動マップ
役員一覧・組織図
企業の社会的責任(CSR)ガイドライン2007年版
研修セミナーの質問回答  
CSRセミナーのご案内
入会のご案内
リンク

 

 

CSR活動のキーワード

CSR活動のキーワード

 

サスティナビリティ(持続可能性)

企業は、あらゆるレベルで社会や環境に配慮した企業活動を展開していくことが求められます。それは、従業員、消費者、地域社会、投資家などの様々なステークホルダーを意識した取り組みです。このような取り組みによって、企業のサスティナビリティ(持続可能性)は確保され、向上します。

 

企業は、地球環境に配慮した持続可能な企業活動を行わなければなりません。
環境に配慮した製品やサービスの開発と提供を通じ、消費者の信頼を勝ち得ることこそが、企業価値を高め、企業自体の持続可能な発展に繋がります。

 

労働と人権

従業員は、企業にとって最も身近なステークホルダーであり、従業員の身心の健康と安全は、企業の持続可能な発展に不可欠です。
また、従業員等への差別をなくすなどその人権に配慮し、雇用の安定とより良い労働条件を保障することは、従業員等の意欲を高め、ひいては企業の生産性の向上にも繋がります。

 

消費者と社会貢献

製品の安全性を高め、消費者の生命・財産を保護することは、消費者の信頼を獲得するための第一歩です。また、企業を取り巻く地域の特性を考慮した社会貢献は、企業が地域社会と共存するために重要です。

 

コンプライアンスと内部統制

コンプライアンス(法令遵守)は、企業の社会的責任(CSR)の核であると共に、企業の果たすべき最低限の義務でもあります。
何より企業の法令違反を防ぎ、企業の信頼を取り戻すためには、コンプライアンスの確立と内部統制システムの構築が不可欠です。

 

 

日本CSR普及協会事務局 03-3568-3891 東京都港区虎ノ門2-2-5 共同通信会館9階 三羽総合法律事務所
お問い合わせ ●このサイトについて●個人情報の取り扱いについて